• 大学院受験生の方
  • ご家族の方
  • 企業・研究者・一般の方
  • 卒業生の方
  • 在学生の方
  • 教職員専用
  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한글
セクション
入試情報

入試情報

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

ホーム > 入試情報 > アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

情報学専攻

  • ディプロマポリシー

 情報学専攻では、自然や社会・人間にかかわる様々な「情報」現象の性質を、形式と意味内容の両面から究明する新しい基礎科学である情報学を体系的に教育研究することによって、将来にわたって情報通信技術の基盤を支え情報学における新たなビジョンを示すことのできる研究者・技術者・教育者を組織的に養成します。

 

  • カリキュラムポリシー

 情報学専攻では、情報学の新しい視点と方法論の開拓およびその発展の基礎を築くことを目標に、数理情報・知能科学・計算科学を三つの柱として、情報現象に関わる数理モデルの構築と解析、人間の知性や行動の科学的究明及び人間の知的活動支援基盤技術、並列アルゴリズムや高精度計算などについて、教育研究を行います。
 修士課程においては、コア科目によって情報学の基礎を体系的に修得させ、アドバンス科目によって情報学の各分野における世界最先端の研究動向を興味深く学習できるよう配慮しています。また、システム情報科学府内の他2専攻、あるいは数理学府・システム生命学府などにおける科目の単位修得を義務付けることによって、社会の多様な要請に対応するために幅広い知識を修得できるよう配慮しています。
 博士後期課程においては、情報学に関する最先端の研究・開発能力の修得に加え、企業や大学等へのインターンシップや共同研究等を通じて高い基礎力と広い視野を獲得させ、新しい分野を開拓する力を養います。

 

  • アドミッションポリシー

 情報学専攻では、本専攻の理念を深く理解し、それに沿って研究を実践できる学生を求めます。具体的には、次のような学生の入学を希望します。

    • 応用を常に意識して基礎理論の研究に取り組む学生。
    • 基礎理論を踏まえた応用研究ができる学生。
    • 新しい分野に挑戦していく勇気のある学生。
    • 粘り強く研究を推進していく学生。

情報知能工学専攻

  • ディプロマポリシー

 情報知能工学専攻修士課程では、知的情報システム工学コースおよび社会情報システム工学コースを設けています。

 知的情報システム工学コースでは、計算機技術を基礎として、高度ハードウェア、高度ソフトウェア、情報通信技術、実世界情報処理技術に関する専門知識を修得させ、国際的な視野を持ち、高度情報化社会のための先端技術を開発する研究者・技術者を養成します。

 ところで、高度情報化社会の基礎となる情報通信技術が目覚しい速度で進展し、社会生活やあらゆる産業分野に大きな変革を引き起こしつつある一方で、次世代を担う優秀な情報技術者の不足が深刻な問題となっています。そこで社会情報システム工学コースでは、このような社会的要請に応えるために、情報通信技術の社会的位置づけに関する明確な理解の下に高度な技術を修得し、なおかつ基本的知識と高い倫理観を兼ね備えた世界に通用するリーダー候補を養成します。

 当専攻の博士後期課程では、大規模かつ複雑な高度情報化社会を支える先端情報処理機構の設計と開発を先導する高度 ICTアーキテクト、ならびに高度情報化社会を更に推し進めるための新しい研究分野を開拓できるICT フロンティア研究者を養成します。前者のために、情報知能工学に関する先端技術の研究・開発能力に加え、産業界へのインターンシップや共同研究等を通した実践力の強化を行います。また後者のために、プロジェクト型演習や国内外の研究教育機関におけるアカデミアインターンシップを導入することにより、高い基礎力と広い視野を養い、新しい分野を開拓する能力を養います。

 

  • カリキュラムポリシー

 知的情報システム工学コースのカリキュラムでは、単位数を国際的水準に設定しており、教育の質の保証を図っています。コア科目(基礎科目)においては、これまでの講義形式と実験・実習を組み合わせた新しい授業を制度化しており、知的情報システムに関する実践的な知識の体得が可能となっています。また、情報学専攻やシステム生命学府などにおける科目を拡充科目として受講することで、情報の理論的基礎の習得や生命現象の情報科学的理解が可能となっており、社会の多様な要請に対応するための知識増強を図ることができます。

 社会情報システム工学コースのカリキュラムでは、単位数を国際的水準に設定し、教育の国際的なレベルでの質の保証を図った上で、先端的な実践教育プログラムを実行します。具体的には、産学連携による PBL (Project Based Learning)を始めとした実践的講義・演習を通し、実社会で必要とされる技術及びその基盤となる知識体系の習得の必要性を実感してもらいます。これにより、実社会を先導するリーダーにとって必要不可欠な「自律的に考え、学び、行動する能力」を育成します。

 また、博士後期課程のカリキュラムには、次の3つの特徴があります。

    • 産業界および国内外の研究機関へのインターンシップならびにプロジェクト型演習により、基礎力と実践力の強化を図ります。
    • 複数の教員による、より広い視点からの指導体制の確立および複数のチェックポイントを設けた進捗状況管理を実施します。
    • 学内外の専門家によるアドバイザリ委員会による達成度評価および多角的な支援を行います。

 

  • アドミッションポリシー

 知的情報システム工学コースでは、基礎的な数学と情報科学・計算機工学に関する学力を持つと共に、以下のような志を持った学生を受け入れます。

    • 先端技術の研究開発を通じて高度情報化社会実現に貢献する志を持った学生
    • 数学などの基礎理論と専門知識の両方の習得を目指した学生
    • 思考による理解だけでなく、技術の実践的体得にも積極的な学生

 社会情報システム工学コースでは、計算機工学と計算機科学に関する基礎的な学力を持つと共に、以下のような志を持った学生を受け入れます。

    • 安全・安心・幸福感のもてる、これからの新しい社会情報システムの構築に対する気概を持った学生
    • ICT(Information and Communication Technology)アーキテクトに対する強い志を有する学生
    • 自律的に考え、行動する意欲のある学生

 また、博士後期課程では、数学などの基礎理論および当該分野の専門知識に精通し、かつ、以下のような志を持った学生を受け入れます。

    • 国際性・創造性・自主性に富んだ提案型・問題発見型の技術者・研究者を目指す学生
    • 社会や産業界の強い要請に応え、将来の高度情報化社会を担うリーダーを目指す学生
    • 産学官交流・研究者間交流に積極的に参画し、自己の持つ研究開発能力を一層高めることを目指す学生

電気電子工学専攻

  • ディプロマポリシー

 電気電子工学専攻は、電気・電子・通信工学の高度な基礎知識を体系的に理解し、情報通信分野および電気システム分野において、高度な専門的知識からの発想力で複雑化する問題の解決に取り組み、将来に向けて新たな社会価値を創り出すことのできる技術者・研究者を育成することを目的としています。例えば、地球温暖化を防止するための低エネルギー電気システム、情報爆発に対処できる情報システムと通信技術、グローバル化に依る利便性と表裏の関係にある安全・安心な社会基盤システムを創り出せる人材を育成します。

 

  • カリキュラムポリシー

 上記の人材育成に関わる目的を達成するために、本専攻は次の二つのコースを設けています。

  ○ 電気システム工学コース
 高効率エネルギー利用を可能とする電気電子要素技術やエネルギー制御システムの基礎と先端を体系的に学ぶためのコア科目群およびアドバンス科目群を専攻科目として用意しています。また、これらに併せて用意している演習および講究科目により、社会基盤の複雑化・高機能化に対応するための新概念に基づくシステム化の研究開発を実践的に学ぶことができます。こられを通して、広範な産業分野と社会基盤を支え、環境調和型の高度エネルギー社会の発展を担う研究者・技術者を組織的に育成します。

 ○ 情報エレクトロニクスコース
 情報システムの構成要素である情報の検知・記憶・処理・通信・表示を行う電子デバイスの材料科学と電子物理、通信技術、集積化工学の基礎と先端を体系的に学ぶためのコア科目群およびアドバンス科目群を専攻科目として用意しています。また、情報通信技術の高度化を牽引する各種の先端電子デバイスの創製とその利用技術の研究開発を実践的に学べる演習および講究科目を併せて用意しています。これらを通して、次代の情報エレクトロニクスの創成と新応用分野の開拓を先導できる研究者・技術者を組織的に養成します。

 その他のカリキュラムの特長は以下のとおりで、両コースに共通です。

    • 単位数を国際的水準に設定し、国際的な教育評価に耐えられる質の保証を図っています。
    • コア科目において、講義と演習の組み合わせにより、主専攻の基礎となる科目の理解を深めると共に、拡充科目により、専攻内の他コースあるいは他専攻の基礎科目の修得を義務づけ、学際領域にも対応できるバランスの取れた専門技術を身につけさせます。
    • 専攻共通の基礎科目を設け、幅広い視野とリーダーとしての基礎知識の涵養を図ります
    • 博士後期課程では特に、複数教員および産業界、国内外の他大学の委員から成るアドバイザリー委員会による複眼的個別指導体制を整え、知識を活用して新たな社会的価値を創出できる人材育成に注力しています。

 

  • アドミッションポリシー

 本専攻では次のような入学者を求めます。なお、入学者の選抜は各コースごとに、一般試験、特別試験、または外国人特別試験によって行います。

    • 電気・電子・情報系のいずれかの領域の基礎学力を備えていること。
    • 自ら諸問題を発見し、これらを解決するための課題を設定し、その深い解明を目指して学習しようとする自主性があること。
    • 基礎的な能力を身につける努力をいとわず、積極的に学習を進めることの出来る意欲や能力があること。
    • 新しい領域を切り開き発展させるチャレンジ精神に満ちた研究者・技術者を目指す志を有すると共に、技術系学士または修士学生としての一定の倫理観を身につけていること。