• 大学院受験生の方
  • ご家族の方
  • 企業・研究者・一般の方
  • 卒業生の方
  • 在学生の方
  • 教職員専用
  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한글
セクション
専攻

専攻紹介

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

ホーム > 専攻紹介 > 電気電子工学専攻 > 電気システム工学コース

電気システム工学コース

写真-電気電子工学-電気システム工学-木須研究室省エネルギー・環境問題を解決するための先端的な電気電子要素技術やエネルギー制御システム、及び社会基盤の高機能化に対応するための新概念に基づくシステム化の研究開発を通して、次世代の電気システムに携わる研究者・技術者を養成するコースです。

 

計測制御工学講座

 本講座では、多機能化、複雑化した電気電子システムを、容易な操作性によって極めて高度に制御するための、先端技術に関する教育を担当します。すなわち、メカトロニクスから次世代電磁システム、社会システムに至る多様なシステムを対象とし、その最適設計とインテリジェント化のための基盤技術となる、先端計測・センシング技術、信号処理、システムのモデリング・同定、新しいパラダイムに基づく制御理論、等に関する教育研究を行います。

エネルギー応用システム工学講座

 本講座は、高度情報化社会の基盤となる電気エネルギーの発生・輸送・変換・貯蔵に関する教育研究を担当します。さらに、制御性に優れ他のエネルギーへの変換が容易な電気エネルギーの特徴を生かした電気機器、パワーエレクトロニクス機器、電磁エネルギー変換システム、高電圧パルスパワーシステムなどを対象に、電気エネルギーの応用に関する教育研究も行います。

超伝導システム工学講座

 本講座は、超伝導の優れた電磁気的特性を各種の電気・電子システムに応用して、省エネルギーで環境問題を解決するための先端的な電気・電子システムの基盤技術の確立を目指します。超伝導に関する基礎科学、超伝導線材・導体の電磁特性、超伝導マグネット・電力機器、超伝導センサなど、超伝導を利用したエネルギー・エレクトロニクスシステムに関する教育研究を行います。

電気エネルギー環境工学講座(寄附講座)

 再再生可能エネルギー(太陽光、風力など)や燃料電池などを有効利用する未来型電気エネルギーシステムの構築や電力自由化環境下での不確定性に対応可能な電力系統の安定化制御方式の実現を目指します。このため当講座では、電力・電力系統工学、エネルギー環境工学や、電力系統の電圧、周波数、安定度制御手法に関する教育研究を行います。