• 大学院受験生の方
  • ご家族の方
  • 企業・研究者・一般の方
  • 卒業生の方
  • 在学生の方
  • 教職員専用
  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한글
セクション
教育・研究・産学連携

教育・研究・産学連携

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

ホーム > 教育・研究・産学連携 > システム情報科学府における人材教育

システム情報科学府における人材教育

大学院システム情報科学府のカリキュラム構成

社会、産業界から、情報系の技術者が大幅に不足している点や情報システムを支えるハードウェア技術者の不足も深刻化している点が指摘されており、それに迅速に対応するカリキュラムを提供しています。システム情報科学分野における教育に対する社会的要請は、以下の3点に集約することが出来ます。

  1. 世界のネットワーク化による情報関連の学問技術体系の急速な進歩に対応した新しい情報学教育へのニーズ
    • 情報のコンテンツ化に関する技術体系を担う研究者・技術者の育成
    • 情報を扱う技術の理論的なバックボーンを担う研究者・技術者の育成
  2. 社会情報基盤の浸透によるICTスペシャリスト、特に指導的な技術者や研究者の養成への高いニーズ
    • 高度情報システムのインフラ基盤を担う研究者・技術者の育成
    • 実世界情報処理など現実世界との接点を意識した先端的な情報基盤を担う研究者・技術者の育成
  3. 電気電子関係の技術の変化と学際領域の広がりに対応する教育へのニーズ
    • 情報とエネルギーの物理層を担う研究者・技術者の育成
    • 情報システムと電気電子システムの接点に関する技術を担う研究者・技術者の育成

上記のそれぞれに対して体系的な教育が可能になるよう、システム情報科学府では3専攻で教育を行うこととし、さらに、修士課程においては専門分野や教育手法に応じたコースを専攻内に置くことで学生が履修する内容をより明確化しています。コースの設置により、専攻の改組を伴わず 今後の産業界のニーズに応える多様な技術者を育成できるようになっています。博士後期課程および修士課程のカリキュラム構成の基本的な理念は次の通りです。

博士後期課程の教育カリキュラム

博士後期課程のカリキュラム構成

 博士後期課程の学生には、入学時から個別に複数の教員と外部委員(産業界、他大学、海外などを含む)からなるアドバイザリ委員会を設置し、研究計画の策定とその実施を定期的にチェックして適切な指導を行う体制を設けています。学生ごとに本人の研究テーマに即したカリキュラムをデザインし、学位取得までのマイルストーンを明示して継続的に指導を行うことで(個別カリキュラムデザイン)、学生の計画的な研究実施能力やプレゼンテーション能力を養います。また、複数の教員によるアドバイザリ委員会が様々な観点から評価を行うことで、研究テーマの発展性やキャリアパスについても学生個人に適応した指導を行います。更に、知的財産権に関する知識やティーチング技術に関する講義の受講や長期インターンシップを単位化して、幅広い視野を持った指導力のある研究者や技術者の育成を行います。

修士課程の教育カリキュラム

修士課程のカリキュラム構成

 実験、演習、講究などを重視した実践的な教育体制を強化します。特に、幅広い視野を身につけさせるために、専門分野に密接に関連した領域の基礎を系統的に教育する体系を導入しています(拡充科目と呼ぶ)。学生は、所属する専攻で指定された拡充科目の中から1つを選択し、そこから指定された単位数を修得します。拡充科目の導入に伴い、修了要件の単位数を、国際標準に近づけるために45単位としました。また、履修科目を系統化し、以下のような科目群からの履修を制度化しました。

  1. 共通基礎科目   学府全体での共通科目(学内の大学院共通教育科目も活用します)
  2. コア科目     各専攻(または専攻内のコース)の基礎となる科目
  3. アドバンス科目  各専攻(コース)のより深い内容の科目
  4. 講究科目     論述、プレゼンテーション、研究サーベイ等に関する科目
  5. 拡充科目     専門分野を広くカバーするために開設する関連領域の基礎的な科目(他学府や他専攻の教員も授業を担当する)
  6. その他の自由選択科目

導入している新しい教育手法

博士後期課程および修士課程の教育の充実のため、以下のような教育手法を取り入れています。

  1. アドバイザリ委員会による個人ベースのきめ細かな指導(博士後期課程)
  2. 海外での研究経験を積める「国際実践コース」(博士後期課程)
  3. Real PBL (Project-Based Learning)の導入による実践的な教育
  4. 産業界との連携による指導的ICT技術者の養成と明示化された先端的知識の修士課程教育へのフィードバック
  5. 英語による講義や国際的なPBLの導入による英語の実践的教育
  6. 産業界との連携による長期インターンシップの導入
  7. 産業界と連携した第一線の技術者によるPBL指導や講義の実施
  8. 学内の大学院共通教育科目の利用による知財管理や起業の方法あるいは工業倫理の教育
  9. 実験や実習における実践的な安全/倫理教育
  10. システム生命科学府との充実した連携
  11. 数理学府との相互乗り入れによる数学系教育の充実
  12. 統合新領域学府との連携による新しい学際領域の開拓