• 大学院受験生の方
  • ご家族の方
  • 企業・研究者・一般の方
  • 卒業生の方
  • 在学生の方
  • 教職員専用
  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한글
セクション
教育・研究・産学連携

教育・研究・産学連携

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

教育上の特色

21世紀最先端の幅広い学問、産業分野に対応した人材の養成

 近年では、インターネットに代表される情報通信技術(ICT)、ナノメートルスケール超高集積化を創出する電気電子技術(EET)等が注目を浴び、急速な進展を見せています。システム情報科学府は、新時代の情報科学の基礎を築くとともに、産業界はもちろん、社会・文化・経済といった多様なフェーズで21世紀情報化社会をリードし、また一方で、我が国のもっとも重要な産業基盤である電気・電子・情報・通信の分野に関連した先端科学技術を担う高度の研究者・技術者を養成します。

 本学府が対応する領域は極めて広く、また幅広い専門分野の教員を擁しているところから、複数の専攻にまたがって講義、演習、研究指導を受けることにより、広い学識を養うことができます。学生は、理学系、工学系、人文系にわたる多様な授業科目を履修することにより、理学的な学問の基礎から、工学的な実学と応用、人文科学的な社会的視野までを身につけることができます。

 したがって、本学府修了生の卒業後の進路は、主力となる電気、電子、通信、ソフトウェア、エンジニアリング産業はもちろんのこと、自動車、重機械、精密機械、鉄鋼、化学、交通、メディア産業等、多岐にわたっており、本学府の修了生に寄せられる産業界の期待はきわめて大きいものがあります。就職に際しては、各専攻の主任教授が学生個別に指導にあたり、進路決定の相談にのっています。

 

  • ディプロマポリシー

 情報処理や情報通信の技術の高度化と普及によって、情報科学は数学や物理学などに匹敵するような科学方法論の基礎を与える基礎科学として、極めて重要な学問分野となりつつあります。また、情報科学のもたらす成果は、文系から理系までの全学問分野はもとより一般社会生活へも深く浸透し、社会・文化・経済に大きな影響を与えています。一方、長い歴史と大きな産業分野を抱える電気電子工学は、情報産業の母胎として常にその発展に寄与しただけでなく、極めて高機能化・複雑化・大規模化した電気電子システムを生み出し、今後も情報科学と密接な連携のもとに発展していくことが期待されています。そのような社会情勢に鑑み、システム情報科学府は、情報学、情報知能工学、電気電子工学の3専攻を設置し、幅広い知的関心、国際性、倫理性を持ち、かつそれぞれの分野で高度な専門的知識と研究開発能力を備えた次世代の研究者と技術者を育成します。

 

  • カリキュラムポリシー

 本学府は、多様な状況で現れる情報の性質を形式と意味内容両面において究明する情報学専攻、計算機技術・情報通信技術・実世界情報技術の融合により高度情報化社会を支える先進的情報基盤技術の実現を図る情報知能工学専攻、電気・電子・通信工学の高度な基礎知識を体系的に理解する電気電子工学専攻から構成されます。これら3つの専攻は、互いに協力し、新しい学問領域としてのシステム情報科学の基礎から応用にわたって幅広い教育を行います。本3専攻制は、今後の社会ニーズや教育内容の変化に柔軟に対応することを可能とし、さらに、専攻分野に応じたコースを置くことで学生が履修する内容等を明確にしています。すなわち、情報知能工学専攻(修士課程)には知的情報システム工学コースと社会情報システム工学コース、電気電子工学専攻(修士課程)には情報エレクトロニクスコースと電気システム工学コースが置かれています。これら3専攻の協力により遂行するシステム情報科学分野において、新領域を切り開き、発展させる能力を持つ研究者及び広い視野を持つ高度専門職業人を養成します。さらに、国際性・創造性・自主性に富んだ提案型・問題発見型の技術者と研究者の育成に努めます。また、学内外の学生に教育プログラムを提供し、門戸を広げています。

 

  • アドミッションポリシー

 システム情報科学府では、本学府の理念を深く理解し、それに沿って自ら研究を実践できる強い意志と基礎学力を備えた学生を求めます。専攻毎にそのディプロマポリシーに従ったアドミッションポリシーが設定され、適切な選抜体制が準備されています。例えば、修士課程では、幾つかの専攻で、一般試験だけでなく特別試験が準備されているほか、全専攻に外国人留学生特別選抜試験と学部3年次学生を対象とする特別選抜試験(飛び級制度)が準備されています。選抜体制の詳細は、各専攻のアドミッションポリシーならびにホームページなどを通して公開されています。

 

修業年限の短縮

 標準修業年限は修士課程2年、博士後期課程3年ですが、優秀な研究実績をあげた学生には、その期間を 短縮できる道が開けています。

学部飛び級制度

 成績優秀な学生には、学士課程3年次から修士課程への進学の道が開けています。この制度と、上述の年限短縮制度を利用すると、最短25歳で博士の学位を取得できます。

幅広い学位取得

 本学府は幅広い領域をカバーしているので、各学生の専攻内容に応じて、工学、理学、情報科学、学術のいずれかの学位を取得することができます。

修士課程特別選抜

 勉学に高い意欲を持ち充分な学力がある者(他大学卒業見込み又は高専専攻科修了見込みの者に限る)を対象に、修士課程において口述試験による特別選抜を実施しています。(平成23年度入学予定者に対しては、情報学専攻および電気電子工学専攻で実施)

社会人特別選抜と社会人の再教育

 企業等に職を持ったまま、博士後期課程に在学できる社会人特別選抜制度を設け、その選抜を年に2回、4月と10月入学者に対して実施しています。この制度を使えば職場で日常勤務をしながら、スクーリングやインターネット等を利用した遠隔教育システムにより、博士後期課程の授業科目の単位を履修し、研究指導を受けつつ、課程博士の学位を取得することができます。

外国人留学生特別選抜と国際的な人材育成

 外国人留学生を積極的に受け入れ、国際的な人材養成を行っています。外国人留学生の修士課程への入学に対しては、通常の選抜試験のほかに、外国人留学生特別選抜を実施しています。博士後期課程に関しては、年2回、4月と10月入学者に対して、選抜を実施しています。

国際化時代に対応したカリキュラムと国際交流

 国際化時代に対応して、単位数も含め国際的な教育評価に耐えられるカリキュラムを実施しています。博士後期課程には、各学生に対して個別のアドバイザリ委員会を構成し、研究計画の策定やその実施を継続的にチェックし指導する体制を有しています。外国の大学・研究機関との共同研究、国際シンポジウムの開催などを通じて各種の国際交流を積極的に進めているほか、大学院学生には学生時代から国際会議での発表を奨励しています。特に、大学院学生が海外で開催される国際会議で発表する場合には、研究助成金等により渡航旅費の補助を行っています。