14:50-15:20
交通対応型ICTプラットフォームに基づく都市のリデザイン拠点

横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院長,横国大TMSサテライト長 中村 文彦

図

交通に関するICTプラットフォームに基づき、多様な人・知・文化に配慮した都市リデザイン手法を構築する。これを用いてスマート&マルチモーダルモビリティシステムを提案し、横浜での社会実験、福岡への実装を目指す。

図
初年度成果概略
  • プラットフォーム準備:多層的データ構成とGIS技術の整合に向けた概念整理
  • 都市のリデザインのための準備:1km2スケールでの空間設計事例整理
  • 都市交通:スマート&マルチモーダル・モビリティの基本概念整理
  • 対象地区:横浜2地区(みなとみらい、くぬぎ台(予定))
次年度に向けて
  • 基本理念再整理
  • ICTプラットフォームの最大限の活用
  • ゴールは誰もが参加できる都市へのリ・デザイン
  • 交通手段の使い勝手がよくなれば良い、というレベルの議論ではない
  • 社会参加促進、ソーシャルキャピタル育成のための都市、そのための交通
    交通システムの改善と都市空間の再設計を連動させる
  • 具体的展開準備例
  • 地区の都市活動基礎情報、移動実態基礎状況、移動手段提供状況
  • 対象手段:電車、バス、超小型モビリティシェア、自転車シェア
  • 地区の道路維持管理実態診断
  • 具体的な改善課題の抽出と改善代替案提案
  • シェアシステムポートの設計、運賃料金支払いシステム調整
図