• 大学院受験生の方
  • ご家族の方
  • 企業・研究者・一般の方
  • 卒業生の方
  • 在学生の方
  • 教職員専用
  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한글
セクション
専攻

専攻紹介

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

ホーム > 専攻紹介 > 情報知能工学専攻

情報知能工学専攻

 

 発展著しいシステム情報科学分野における体系的な教育システムを強化するため、情報知能工学専攻では、「高度情報化社会は計算機技術、情報通信技術、実世界情報処理技術の融合による情報基盤技術の確立によって支えられる」という認識のもと、これら情報基盤技術を専門とし、高度情報化社会の礎となる高級技術者、研究者を養成しています。また、密接に関連する領域を系統的に履修する教育システムの導入により、情報基盤技術およびその関連分野にわたる広い視野を持つ技術者、研究者の養成を目指しています。上記の理念を実現するために、本専攻に先端情報・通信機構学、高度ソフトウェア工学、実世界ロボティクス、先端分散処理機構、実エンベデッドソフトウェア開発工学(連携講座)の各講座を設置しています。また、修士課程には、修得する専門性に応じて、以下に示す知的情報システム工学コースと社会情報システム工学コースという2つの教育プログラムを開設しています。

 

知的情報システム工学コース
社会情報システム工学コース
 

先端情報・通信機構学講座

 本講座は、情報通信に関するハードウェアシステムの教育研究を担当しています。対象は2つに大別され、1つは計算機ハードウェアに関連するものであり、論理設計、集積回路システム設計技術、先端的計算機アーキテクチャ等が対象です。もう1つは、通信システムに関連するものであり、OSI 参照モデルの全階層にわたる広範囲な課題 (無線通信、移動通信、光通信、変復調、伝送エラーの制御、交換等)が対象です。

高度ソフトウェア工学講座

 本講座は、社会基盤を支える情報処理技術、特に先端的なソフトウェア技術に関する総合的な教育研究を担当しています。すなわち、大規模な社会基盤を支える高度な計算機ソフトウェアならびに組込みシステム/ソフトウェアの設計・開発技法と支援技術、システムソフトウェア設計技法、プログラミング言語の設計と処理系構築手法、等に関する教育研究を行います。

実世界ロボティクス講座

 本講座は、複雑で時々刻々変化する実環境からの情報獲得や、人間に対する様々なモードの働きかけなど、ロボットや情報システムが人間の多様な活動を支援するために不可欠な先端的技術を確立することを目指しています。このため、人工知能と知識処理、ロボティクス、高度環境センシング、パターン認識、映像/マルチメディア処理など、様々な実世界情報処理技術に関する教育研究を担当しています。

先端分散処理機構講座

 ネットワークを利用した先端的な分散型応用の需要に対応するため、本講座は特に、広域ネットワーク上に大量に分散して存在するデータを処理するために必要となる最先端技術の教育研究を担当しています。具体的には、高度検索技術、超分散グリッドシステム、次世代インターネットといった新しい技術などを対象として、その基礎理論だけでなく、具体的、実践的な教育研究を行います。

実エンベデッドソフトウェア開発工学講座(連携講座)

 近年、ますます重要となっている組込み(エンベデッド)ソフトウェアの教育研究を担当しています。本講座は、(株)ルネサスソリューションズとの連携により、実践的な教育を通じて、高いスキルをもった人材を育成することを目的としています。

 

Link 情報知能工学専攻のホームページ