• 大学院受験生の方
  • ご家族の方
  • 企業・研究者・一般の方
  • 卒業生の方
  • 在学生の方
  • 教職員専用
  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한글
セクション
専攻

専攻紹介

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

ホーム > 専攻紹介 > 情報知能工学専攻 > 知的情報システム工学コース

知的情報システム工学コース

知的情報システム工学コースでは、国際的な視野を持ち、高度情報化社会のための先端技術を自ら開発できる能力を持った研究者・技術者を養成します。この大目的ために、計算機技術を基礎として、高度ハードウェア、高度ソフトウェア、情報通信技術、実世界情報処理技術に関する専門知識を修得し、さらに各研究室において世界トップレベルの独自研究を遂行します。

知的情報システム工学コースのカリキュラムでは、単位数を国際的水準に設定しており、教育の質の保証を図っています。コア科目(基礎科目)においては、これまでの講義形式と実験・実習を組み合わせた新しい授業を制度化しており、知的情報システムに関する実践的な知識の体得が可能となっています。また、情報学専攻やシステム生命学府などにおける科目を拡充科目として受講することで、情報の理論的基礎の習得や生命現象の情報科学的理解が可能となっており、社会の多様な要請に対応するための知識増強を図れます。

さらに、冒頭で述べた大目的のために、情報知能工学演習第一~第三を必修科目としています。これらは各自の研究遂行のための必須ステップとして位置づけられており、それぞれ以下の目的を持っています。

  • 演習第一:高度な技術者・研究者に第一に必要となる能力,すなわち「目標の発見,および目標を達成するための道筋の構築」に関する能力を培います。具体的には、各自が修士課程で取り組む研究テーマについて、国内外の関連研究について調査・分析し、解決すべき問題点について報告します。
  • 演習第二:創造性に富み、国際的視野を持った、提案型・問題発見型の技術者・研究者を育成することを目的とします。具体的には、各自が取り組んでいる研究テーマに関して、国内外におけるこれまでの経緯、テーマの実施現状、今後の課題等を調査・分析し、その結果を発表します。
  • 演習第三:これまでの研究成果に基づいて、国内学会や国際会議等での対外的発表を行います。その過程を通じて、我が国をリードする技術者・研究者に必要な発表能力や討議能力を培います。

 

知的情報システム工学コースでは、基礎的な数学と情報科学・計算機工学に関する学力を持つと共に、以下のような志を持った学生を受け入れます。
●先端技術の研究開発を通じて高度情報化社会実現に貢献する志を持った学生
●数学などの基礎理論と専門知識の両方の修得を目指した学生
●思考による理解だけでなく、技術の実践的体得にも積極的な学生