• 大学院受験生の方
  • ご家族の方
  • 企業・研究者・一般の方
  • 卒業生の方
  • 在学生の方
  • 教職員専用
  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한글
セクション
専攻

専攻紹介

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

ホーム > 専攻紹介 > 情報学専攻

情報学専攻

 

写真-情報学-岡田研究室 情報学は、人間の知性や感性の源泉であり、自然および人工システムにおいて中心的な役割を果たしている「情報」を基礎科学として探究する学問です。本専攻は、このような新しい基礎科学を体系的に教育研究し、理学、工学のみならず、人文系の科学を含めた諸科学を、情報学という視点からサポートすることによって、広く情報社会に寄与できる高度の専門知識と技能を備えた研究者・技術者を養成することを目的としています。

 この目的のために、本専攻に数理情報講座、知能科学講座、計算科学講座の三つの大講座を置いています。数理情報講座は、情報学分野の中で、特に情報に関わる数理モデルの構築と解析の教育研究を担当するものであり、知能科学講座は、人間の知能情報処理の本質を探求することを目標に、認知科学及び情報科学の基礎理論とその知的システムへの応用について教育研究するものです。また、計算科学講座(情報基盤研究開発センターからの協力)は、シミュレーション分野を横断する計算科学の基礎について教育研究するものです。

 これによって、従来の情報科学を基盤とし、人文系の科学をも包含した、情報に関する新しい総合学問分野である情報学の新しい視点と方法論を開拓し、情報学の独創的な発展の基礎を築くことを目指します。

数理情報講座

 数理情報講座は、情報学分野の中で、特に情報に関わる数理モデルの構築と解析の教育を担当します。すなわち、科学技術分野に現れる種々の現象を情報学の視点から捉え、情報モデルを数理的手法を駆使して構築し、その解析を行うことで、科学技術分野への情報システムの適用を促進し、科学技術分野の発展に資することができる学生の教育を目的としています。

 具体的には、代数、幾何、確率といった基礎学力を重視しつつ、一方では、数理情報モデルの構築と解析に必要となるカオス論、情報理論、計算論、アルゴリズム、数値解析、暗号論、分散システムなどについて教育します。これによって、科学技術の深化と発展の中で常に第一線で活躍し続ける技術者および研究者が必然的に持たなければならない能力、すなわち、問題を発見し、定式化(モデル化)し、解決する能力を育成します。

キーワード: 情報回路論/情報論(力学系/カオス論、回路/ネットワーク理論、信号処理, 情報/符号理論、情報幾何学、確率的手法の応用と解析)学習論/発見論(情報論的学習理論、計算論的学習理論、ニューラルネットワーク、データマイニング、WEBマイニング、バイオインフォマティクス)計算論/アルゴリズム論(形式システム/計算理論,並列/分散計算論、最適化理論、アルゴリズムとデータ構造、セキュリティ理論とネットワーク応用、数値解析)

知能科学講座

 本講座では、人間の知性や行動を科学的に追究すると共に、人間の知的活動を支援するための情報科学の基礎技術を確立し、その応用展開を図ることを目的としています。

 具体的には、認知科学の立場から人間にとって優しい環境を構築することを目指して、ヒトの感覚・認知・行動の特性の解明とそこから得られた知見の応用に関する教育研究を行います。また、人間の知的活動を情報科学的に支援することを目指して、機械発見の基礎理論や計算理論をベースに、データ/Web/テキスト・マイニング、情報可視化、自動認識技術、オンライン意思決定、機械学習、知識表現の複雑さ、マルチメディアコンテンツの編集・生成・検索、等の教育研究を行います。さらに、知的システムの構築のための基盤技術として、問題解決と推論、人工知能、知識処理、並列・分散・協調処理、マルチエージェントシステム、(分散)制約充足、メカニズムデザイン、自然言語処理、語意知識抽出とその応用、等に関する教育研究を行います。

キーワード: 認知科学、ヒューマンインタフェース、感覚情報処理、心理物理学、運転者支援、バーチャルリアリティ、データ/Web/テキスト・マイニング、機械学習、電子図書館、オンラインアルゴリズム、計算学習理論、計算の複雑さ、コンピュータアニメーション、画像解析、ウェーブレット、自動推論、知識処理、検証、知的Web検索、高並列計算機方式、分散制約充足、問題解決、マルチエージェントシステム、ゲーム理論、自然言語処理、英語教育・学習支援

計算科学講座

 本講座では、シミュレーション分野を横断する計算科学の基礎として、モデリング、並列アルゴリズム、高精度計算の基礎技術を確立し、各応用分野における応用展開を図ることを目的としています。

 具体的には、単なる高速化の追求のみにとどまらず、Multi-Scale Multi-Physics 自然現象を数理モデルに射影・抽象化する手法とそのアルゴリズム、アプリケーションの超並列化から計算結果の品質や精度までをカバーする広い意味でのハイパフォーマンスコンピューティングについて教育研究を行います。分子科学、高精度固有値解析をコアとするシミュレーション分野を中心に応用展開を行います。

キーワード: 広域分散並列処理,第一原理計算,分子シミュレーション,ウェブサービス,インターネット,広域情報検索,半構造化データ,自律エージェント,広域分散システム,ユビキタスシステム,GRIDコンピューティング等
Link 情報学専攻のホームページ