• 大学院受験生の方
  • ご家族の方
  • 企業・研究者・一般の方
  • 卒業生の方
  • 在学生の方
  • 教職員専用
  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한글
セクション
専攻

専攻紹介

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

ホーム > 専攻紹介 > 情報学専攻 > 在学生・修了生の声

在学生・修了生の声

在学生

情報学在学生01 Q1 システム情報科学府を選んだ理由は?
私が中学・高校に在籍している間、時代はIT革命の真っただ中にありました。以前では想像もできなかった技術が次々と生み出され、その進化のスピードに驚くと同時に、これから訪れる情報化社会に大きな可能性を感じました。そのような理由から大学では電気情報工学科を選択しました。大学院では情報学分野に関するより専門的な知識を得るために、この専攻を選びました。

Q2 どんな研究をしていますか?
大学院では計算機科学を扱う研究室に所属し、大規模データを処理する際のアルゴリズムを研究しています。ハードディスク・フラッシュメモリ等のハードウェアの高性能化、ネットワークの大規模化に伴い、私たちが扱うデータの量は日々増大しています。そのデータから有益な情報を得るための理論やアルゴリズムの検証・構築が今の研究テーマです。将来的には、より便利かつ高度な情報化社会の実現に活かすことが出来ればと考えています。

Q3学生生活の中で印象に残ったことは?
大学での研究以外に学習塾のアルバイトや学外でのバンド活動を行っています。価値観の異なる学外の人々との交流はとても良い刺激になります。講義の空き時間を利用して大学の友達とバスケやソフトボールをすることも多いです。研究が中心の生活ではありますが、楽しみも多くとても充実しています。

Q4 今後、システム情報科学府を目指す人へのメッセージを。
電気電子・情報通信の分野は今後ますます重要になることが予想されます。自分がやりたいことを見極め、大学院で将来に向けて有意義な時間を過ごしてください。

 

情報学在学生02 Q1 システム情報科学府を選んだ理由は?
私は将来ゲーム関係の仕事に就きたいと考えています。私の所属する研究室では3次元グラフィックスなどのゲームに関連するテーマを扱っており、ゲーム開発の実績もあります。この研究室の先生方・先輩方のもとで更なる知識・技術を得、将来につながる経験を積みたいと考えたため、システム情報科学府に進学することを選択しました。

Q2 どんな研究をしていますか?
拡張現実(AR)という技術をスマートフォンなどの携帯端末で実現する研究をしています。携帯端末はPCに比べて性能が低いため、カメラの映像だけでなく加速度センサやGPSなどを併用することで計算を高速化する必要があります。カメラに映った映像を解析してそこに新しい情報を付加することで、映像ベースの道案内システムを構築したり、エンターテイメント分野へ応用することができます。

Q3 学生生活の中で印象に残ったことは?
私の所属する研究室には、有志のメンバーでソフトウェアを開発する「Jolly9」という団体があり、私もその一員としてゲームの開発などに携わっています。はじめは右も左も分からない状態でしたが、先輩方が丁寧に教えてくださり、少しずつではありますが技術が身に付いてきました。納期に追われるなど忙しく大変なこともありますが、将来につながる貴重な経験であり、とても楽しく活動しています。

Q4 今後、システム情報科学府を目指す人へのメッセージを。
大学院では、勉強や研究以外にも学べることがたくさんあります。知識・技術・経験・人脈など、様々なものを得る機会があります。勉学に励むことはもちろんですが、それ以外にも広い視野を持ち、目の前のチャンスに果敢に飛び込み、自分自身を成長させる活動をしてほしいと思います。

修了生

情報学修了生 Q1 九州大学大学院で学んだことは?
システム情報科学府では、情報科学に関する専門的な知識はもちろんですが、それまでの受身的な勉強ではなく、能動的な研究に対する方法や姿勢、考えについて学ぶことができました。自分の興味があることに対して、より深い知識を身につけ、理論的な思考を研ぎ澄まし、実用的な技術を習得する。そこから導かれた最先端の成果を、研究者だけではなく、大学生、高校生、さらには中学生や小学生にでもわかりやすく伝える能力や技術を学んできました。1つのことを深く、深く掘り下げて追究したという実績と経験は、今後社会に出て全く別の分野で働く時でも必ず役に立つ、貴重な道標になると思います。

Q2 現在、どんな仕事をされていますか?
現在、東北大学で助教として、研究や教育に従事しています。授業や研究室の運営、学生への指導など、学生の時には考えもしなかった、研究とは関係のない仕事がたくさんありました。しかし、そこでは学生時代のティーチングアシスタントや研究室での活動、後輩への指導など全ての経験をそのまま活かすことができ、非常に役に立っています。

Q3 学生時代の印象に残るエピソードを教えてください。
修士の時、先生から研究を活かして起業しないか?と言われ、会社を立ち上げる手伝いをしました。まったくわからない状態からスタートし、特許の取得、ビジネスプランの作成、マーケット調査、会社運営などおよそ学術的な研究とは程遠い勉強をし、ビジネスプランコンテストに出場し優勝するに至りました。その時の経験、出会った人達は、人生の大きな財産の一つです。

Q4 今後、システム情報科学府を目指す人へのメッセージを。
システム情報科学府は、本当に素晴らしいところです。世界トップレベルの先生たち、優れた研究施設、優秀な先輩たち、すべての環境が皆さんの知的好奇心を満たし、これからの社会に必要とされる高いスキルや考えを習得できるでしょう。